※「バリの兄貴」右;堤真一、尾野真知子主演「大富豪、神様はバリにいる」の映画の主人公、モデル役になった人物、丸尾孝俊氏。バリの大富豪 東京ドーム170個分の土地を所有
現地所有関連会社29社 従業員は5000人以上 推定資産4000億円とのこと


宿泊したビーチにて

朝焼けの風景 丸尾氏の邸宅。 2連泊はとても快適でした。

左;丸尾邸の周辺は実は漁師の街。海のレストランまで一時間半、朝の散歩。
海のレストランで生きたイセエビ料理。帰りは、美人のママさんがマルオさんの客人だから、バイクで送ると言ってくれたのですが華奢(きゃしゃ)なので男の従業員の方を逆指名でお願い。


丸尾氏は、地元に学校を建設をして寄付、また、恵まれないたくさん(数十人)の子供を引き取ったり(里親、成人して従業員に)多くの地元の人を従業員として雇ったり、地元との関係をとても大切にしており、町を歩いていて丸尾氏の客人と分かってか笑顔で手を振ったり、挨拶してくれる。彼への信望。地元の人は、丸尾氏のことを親しみを込めてマルさんもしくはマルオsannとさんと呼ぶ。

中央は、不動産競売専門業界の日本の民間人トップ的存在。 FKR不動産競売流通協会青山代表理事。丸尾氏とは親友。 FKR不動産競売流通協会正会員バリ島不動産視察旅行で
「バリの兄貴」堤真一、尾野真知子主演「大富豪、神様はバリにいる」の映画の主人公のモデルとされる丸尾孝俊氏

振り向けば大富豪こと丸尾孝俊氏とは、三年ぶりの再会となりました。 丸尾氏は大阪のご出身20歳でバリ島へ 大阪では暴走族の連合番長。
成長期は貧しかったとか
ありえへん世界の大富豪(テレビ東京)等に生出演。
※詳しくは「映画・神様はバリ にいる丸尾孝俊」で検索を