アラマキ・マウントクック国立公園


山の壁にぶつかりそう。

標高3724メートル、マウントクック向かい山腹の氷河に着陸。氷なので滑る。


マウントクックは山頂にいつもドーナツ型の雲がくっついている。登頂難易度はエベレストより高く、成功は20人に1人。亡くなった人は約300人。
2000mを超えた部分は氷河。しかも山頂への道がないので困難を極めるという。


地元の登山家エドワード・ヒラリー卿は、1953年人類初のエベレスト初登頂の前にクック山と、自らの養蜂業の箱を持って鍛えたというが、エベレストより難易度が高い。1948年マウントクックに登頂。
エドワード・ヒラリー卿は、その後も活躍し、国葬となった人。
アラマキ・マウントクック国立公園のホテル前に、彼の銅像が立つ。

ここから5時間半のデイカポ湖畔の街、ミルキーブルー、レークデカポへ向かう。

(過去のコラム+未公開)