この浅瀬の海の中にサケがたくさん泳いでいる。汽水に慣れて真水の川に上る準備。


サケも大変。小さい川で波の勢いでその日によって河口が変わるんです。この日、河口を探せなくて砂浜に立ち往生。よく見たらいつもまっすぐ流れている川が海岸と並行して注いでいたため、川の深さが足りなくて大きい波に翻弄され、海岸に打ち上げられた模様。干潮時に起こりやすいと監視員。漁協職員が海岸に戻そうと努力したが、腹を返して力尽きた。したがって漁協職員が組合に持ち帰った様子。12月30日はこの組合の御用納めとか。遊漁券を買いに行くことも。


こんな光景見たことない。やはり干潮時で河口を探せない様子。漁業権があるのだからこの海はどこにあるのかシークレットの方が。川を挟んだ高台から撮影。漁協組合監視員もここから密漁監視。近づかないのがマナー。自然の摂理は素晴らしいが残酷。