1956年震災により、居住地区は壊滅状態になった。政府ではしばらく、放ったらかしにしていた。


イア地区の比較的金持ちの船の乗組員居住区が復元されてから、美しい景色の中にペンション、ホテル、教会、ショップ等が建設された。


むしろ、壊滅したからこそ現在のメルヘンチックな変貌を成し遂げられた。


災い転じて福となすというよりもゼロからの方が復興しやすかったのかも。


イアの街の夕日は世界一といわれているそうです。


絶景スポットの眼下に広がる綺麗なエーゲ海。


どこからとなく生演奏の音が聞こえてくる。


サントニーニ島イアの街は人気抜群。エーゲ海の島でも観光客の数は特に増えている。


観光客受け入れのため、白く可愛いプチホテルの建設が急ピッチ。国際空港も出きた。

このポジションからの風景は、世界の風景としてあまりにも有名。

イアの街の風の吹き心地は優しく、エーゲ海はどこまでも碧い。